海外出張ってカッコイイ!と思っているあなたに現実を突きつける記事

 

どうも、miyanoです。

なんだか物々しいタイトルになってしまいました。

 

私は何を隠そう、多いときは1年の半分以上海外出張しているグローバル社畜なのですが、

 

海外出張してることを知り合いや友達に話したりすると、

「カッコイイ!」

「すごいエリートじゃないですか!」

「英語話せるの?」

と、反応はほとんどこの3パターンに分かれます(笑)。

きっと海外で仕事をすることに対して、そういったイメージを持っている人が多いからでしょうね。

 

今回は、そんな海外で働くことにカッコイイイメージを持っている人の為に、

「ぶっちゃけ海外出張ってこんな感じだぜ」という現実をお伝えしたいと思います(笑)。

 

海外出張の多い仕事をしたいと思っているけど、

実際どんな感じなのかイメージしたい!という人は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

海外出張ってカッコイイのか?現実はこんな感じ

あなたは海外出張というとどんなことを思い浮かべますか?

 

カッコイイスーツで決めて、スーツケースを引っ張っていろいろな国を飛び回り、

外国のパートナーと英語でディスカッションをし、休みの日には観光も優雅に楽しんでいるようなカッコイイ姿ではないでしょうか?

 

会社の金で海外に行けて、しかもマイルも貯まって羨ましい!と思う人も多いかもしれません。

 

 

しかし現実は、、、

 

仕事の拘束時間が長いのは日本と変わらず、

周りの環境が不便だったり、治安が悪いのでほとんど出歩けず、部屋に帰っても食事をして寝るだけで日々が過ぎていく。。

一言で表すならば「社畜(ハードモード)」です(笑)。

 

私の経験から具体例をいくつかあげてみます。

 

例1:外国人が定時に帰っても日本人だけ当たり前のように残業

外国人って朝6時とかすごく早く来て、決められた時間になったら必ず帰るんですね。

対して私を含め日本人は、外国人と同じ時間に出勤して、

帰る時間は日本で仕事してる時と大して変わらないという働き方をすることが多いです。

 

悪いところだけ日本式で働くという、意味不明なことをしています(笑)。

 

ただ悪いことだけでもなくて、

外国人と仕事していると色々な価値観に気付かされることもあります。

 

例えば、全ての外国人に当てはまるかはわかりませんが、外国人って家族をすごく大切にするんですよね。

家族が病気になったら仕事休んだり、家族との時間を過ごすために金曜日は早く帰ったり、仲良くなると子供の写真見せて自慢してきたリ。

それってすごく当たり前の感覚だと思うんですが、忙しいとどうしても仕事優先になってしまうので忘れがちですよね。

 

例2:何も心配されない

大災害が起ころうが、銃撃事件があろうが、デモがあろうが、日本からは何も心配されません(笑)。

そんな状況ではなかなか出歩くこともできないので、日本で仕事をしているより格段に自由度は下がります。

 

海外出張に行く人が皆、治安悪いところに行くとは限りませんが、

海外で日本の企業が勝負できるところって、地方とかド田舎であることが多いですね。

海外勤務で大都会を夢見ている方は、その企業の海外拠点がどこにあるのか、よく下調べしてから就職した方がいいです。

 

例3:観光なんてできない

観光なんてほとんどできません(笑)。

 

自分がお客様として海外の相手のところに行くのであれば、もてなされることもあるかもしれません。

 

しかし、会社も高いお金をかけて送り出しているわけですから、

観光なんてしている暇もないような弾丸スケジュールになることが多いです。

 

例えば私は、日曜移動 ⇒ 月曜~土曜まで仕事 ⇒ そのまま土曜日の夜便で帰国

みたいなスケジュールだったことがあります(笑)

 

 

さて、これらの例はもちろん職業によって大きく変わるので一概には言えませんが、

少なくとも日系の企業が海外で勝負できる場所って限られていますから、カッコいい働き方ができる確率は高くないでしょう。

 

海外でもどこでも場所を選ばずにカッコよく働きたいのであれば、むしろノマドワークを仕事にした方が現実的だと思います。

 

実際私も海外出張してるときに、どこにいてもPC1台でできるWebビジネスを副業としてやっていましたが、

飛行機に乗っている間も報酬が発生していて感動した覚えがあります。

 

(ちなみにその時は、副業の報酬で友達にお土産を多めに買って帰りました。

味を占めたのか、海外出張行くたびにお土産を要求されてしまいます(笑)。)

 

 

海外出張する人はエリートなのか?現実はこんな感じ

次は、「海外に行くような仕事を任されているのであればエリートでしょ?」

というイメージについて。

 

単刀直入に言うと、海外出張って今のご時世珍しくないのでエリートとは限りません。

 

特に製造業は、多くの企業が東南アジアを中心に製造拠点や販売拠点をもっていますから、人手不足の今、大企業でなくても海外出張に行く可能性は高いです。

国内出張に行く感覚で海外に出張に行くっていう人も珍しくありません(笑)。

 

中には一人で海外の取引相手のところに行って、大きな契約をバシッと決めてくるようなエリートもいるかもしれませんが、

大半は私のような凡人でしょう。

 

海外でバリバリ活躍するエリートは、今まで勉強を頑張ってきたり、もともと頭も良かったりして、誰しもできる仕事ではないと思いますが、

ノマドワークだったら私のような凡人でも10万円くらいだったら稼げるんですから、便利な時代になったもんだと感心します(笑)。

 

 

海外出張する人は英語が話せるのか?現実はこんな感じ

海外出張の話題で質問されるランキング1位がこの

「英語話せるんでしょ?」です(笑)。

 

結論を言うと、海外出張する人は英語はある程度話せます。

というか、話さないと仕事が進まないので強制的に話せるようになります(笑)。

 

私も英会話なんて学校の授業くらいでしか経験がありませんでしたが、

海外出張に行くとひっきりなしに英語で話しかけられるので、無理やり話すしかありませんでした。

そして今では観光地程度であれば全く問題ないくらい英語が話せるようになっています。

 

そして不思議なことに、スマホの使い方も分からないような職人気質のおっちゃんでも、

海外出張に行くようになると自然と英語話せるようになるんですよね。

 

これはなぜかというと、「環境」の力を使っているからなんです。

英語を話さないと生活に支障が出る「環境」になったから、私の上司の50代のおっちゃんでも無理やり英語を覚えることができたわけです。

 

考えてみると、「勉強ができるようになりたいから塾に通う」、「痩せたいからジムに行く」とか、私たちは日常的に環境の力を使っていますよね。

 

あなたも達成したい目標があれば、「環境」の力を使ってみるといいですよ。

私もWebビジネスは独学ではなくて環境の力を使ってできるようになりましたから。

 

少し脱線してしまいましたが、短期間で海外出張のための英会話を身に付ける学習法をまとめた記事がありますので、こちらもよかったら覗いてみてください。

急な海外出張!社畜におススメの効果的な英会話3ステップ学習法

2017.07.04

 

 

まとめ

経験したことがない人からしたら「カッコいい!」というイメージを持たれがちな海外出張ですが、現実はこんなもんです。

正直、海外に行きたいのであれば、わざわざ会社の仕事で海外に行く必要はないと思います。

 

むしろ、「会社の都合で海外に行く仕事」を探し当てるよりも、

「どこにいてもできること」を仕事にすれば、日本にいたって海外にいたって関係なく自由に働くことができますよね。

 

もし興味がありましたら、ブログにお越しいただいたお礼に、

私が行っている、海外にいてもPC1台でできるWebビジネス初心者用の教科書をプレゼントしていますので、よかったら手に取って学んでみてくださいね。

 

忍者アドマックスの2017年10月分収入額・報酬額

忍者アドマックス(忍者AdMax)の月間収入額・報酬額 忍者アドマックスの今月の報酬額は3円(6ポイント)でした。 忍者AdMaxによるクリック報酬は2円でした。 忍者A

読まれないブログを脱却する3つのポイント

「読まれないブログを脱却する3つのポイント」とは?

 

ブログを始めたのに、

誰にも読まれていない、全然アクセスがない、読んでもらえない・・・

「読まれるブログって何?」ってなっていないか?

 

ブログを始めたばかりの人には、

どうやったら読まれるのか?

どうやったら訪問者が増えるのか?が不思議でしょうがないよね。

実は、

僕は最初、

読まれていない事も、アクセスが無い事も、

全く気にせず、ブログを書いてました(笑)

 

でも、

じきに、「あれ?なんかおかしい」とか、

「あれ?これでいいの?」とか、

「このままじゃダメなんじゃ・・・」と思う様になっていったのね。

 

そして、

色々調べるうちに、

「あ~~~これが必要なんだぁ!」って分かった事があった。

 

まずはね、

アクセス解析。

無料のブログなんかは最初っから付いているんだけど、

独自ドメインのブログには最初はついていないんだよ。

だから、

アクセス解析を入れる必要があるのね。

例えば、

「Googleアナリティクス」。

これは結構細かい情報が見れるんでいいよね。

あと、

ワードプレスだったら、

いろんなプラグインがあるでしょ。

 

つまり、

ブログをやるならアクセス解析を入れないと、

現在、どんなアクセスがあって、

どんな人に見られているのか?が分かるんだよ。

 

そして、

PV(ページビュー)数とか、UU(ユニークユーザー)数、とかが、

一番大切な数値だよね。

 

と、

最初に、アクセス解析の大切さを書いたけど、

今回は、

どう言うブログを書いて行けば、

読まれるのか?

そして、

初心者は、どうやってブログにアクセスを呼ぶのか?

これを解説していくので、

読んで実践して欲しい。

 

<読まれないブログ>

・誰にでも読まれるブログ

読まれるブログって、

初心者の時って、勘違いしがちなんだけど、

「誰にでも読まれたい!」とか、

「どんな人にも嫌われる文章は書いちゃダメ!」とか、

「偏った文章はダメ!」とかって考えがちなんだけど、

これ全部NG。

誰にでも読まれたいなんて思って書いていたら、

書いている内容がぼやけてきて、

結局誰にも刺さらなくて、

最終的に読まれなくなって、

誰一人訪問してくれなくなるんだよ。

 

読んでもらえるブログって言うのは、

誰か1人にターゲットを絞って書いている記事が、

一番読まれるんだよ。

 

つまり、
ターゲットをグ~~~っと1人に絞って書いて、
1人の人を振り向かせる事で、
インターネットの世界は、100人の人が振り向くと言われているのね。
この1人の人に向けたコンテンツは、1人だけの問題じゃなくて、
同じような問題をかかえた人がたくさんいるって事なんだよ。
だから、
ターゲットを1人に絞るとたくさんの人が振り向くって事でもあるんだよ。

・あなたの考えや体験を書いていない記事

そして、

あなたの考えや体験を記事にしていないと、

ただの一般論になっちゃうのね。

そんなのどこにいっても読める記事だから、

正直つまんないんだよ。

 

必要なのは、

「あなたの考え」、

「あなたの体験」、

この2つが独自のブログにしてくれるんだよ。

 

つまり、

誰にも真似のできないブログを書く事で、

いろんな人に共感してもらえて、

多くの人に読まれる様になるんだよ。

 

・完全な日記

有名なタレントさんとか、

有名な歌手とか、お笑い芸人さんとかのブログって、

気になるよね。

そして、

ついつい読んじゃう。

そして、

「あの有名な○○さんが、今日は××してたんだぁ!」って、

思うよね。

 

でもさ、

あなたの日記記事をみて、

「あなたの今日の出来事に一喜一憂する人って、どれだけいるんだろう?」

恐らく皆無だよね。

 

つまり、

あなたの日記記事って、

あなたを知っている人しか読まないんだよ。

 

仲間内でブログを書いて楽しんでいるんだったら、

日記でいいんだけど、

商売でブログを書くのであれば、

日記を書いていても、

誰も読まないんだよ。

 

それに、

あなたは、

誰かの日記を真剣に何ページも続けて読んだ事はあるかなぁ?

気になる人とか、好きな人の日記だったら読むんだろうけど、

基本、興味の無い人の日記なんて読まないよね。

 

それなのに、

有名タレントの真似をして、あなたが日記を書いても、

アクセスなんて増えないんだよ。

だから、

アフィリエイトをするのに日記を書くのはNGだよ。

 

<まとめると>

・誰にでも読まれるブログ
・あなたの考えや体験を記事にしていない記事
・完全な日記

この3つは間違いなく読者が付かず、
読まれなくなっていく。
って言うか、
読まれないよ。

・ブログを読んでもらうには・・・

そして、

更に、読まれないブログから脱却して、

読まれるブログになるタメには、

広告を打たないといけないよ。

それには、

まずは、

「人気ブログランキング」や、

「にほんブログ村」や、

「FCブログランキング」に登録して、

無料で告知をしよう。

そして、

それぞれ、Pingがあるので、

送信すれば、

最新情報がアップされるので、

最新記事を書いたら、

どんどん、読まれる様になる。

 

そして、

他のブロガーさんと、

コミュニケーションを取る様になれば、

どんどんアクセスが増える様にもなるし、

固定ファンも増えてくるから、

是非、やってみようね^^