最後まで読ませる文章の書き方 5つのポイント

「最後まで読ませる文章の書き方 5つのポイント」とは?

一度書いた文章って、
公開したら訪問してくれた人は、
最後まで読んでくれていると思っているでしょう。

いやいや

実は、

最後まで読まれるなんて事はマレで、

だいたい、

途中で離脱する事の方が多いんだよ。

 

だって、

あなたもやるでしょ!

「途中離脱!」

 

みんな普通にやるんだよねぇ。

 

だけど、

ブログアフィリエイトやってたら、

最後まで読んで欲しいよね。

 

それにはコツがあるよ。

 

良くを言えば、

最後まで読んでもらって、

しっかり理解して、

リンクまで踏んでもらいたいよね^^

 

この最後まで読ませるのが本当に難しくって、

なかなか出来ないんだよ。

 

そこで、

今回は、

最後まで読ませるテクニックを公開しちゃうので、

読んで行って欲しい。

 

「最後まで読ませる文章の書き方 5つのポイント」

 

1.タイトルを工夫する。

もちろん、

スモールキーワードとか、

ロングレンジキーワードなどを使って、

検索でヒットさせる必要があるんだけど、

タイトルでしっかり興味を引かせる様に作らないといけない。

 

例えば、

この記事だったら、

「最後まで文章を読ませる5つのテクニック 総集編」とか、

「最後まで文章を読ませる7つのテクニック 転んだ隆」とか、

こんな感じで、

興味を引かせるワードを使う事。

興味を引かせるワードって、

結構難しいんだけど、

書き続けていくと、出来る様になるから、

諦めないで作っていって欲しい。

 

また、

上のタイトルに数字が入っているよね。

この数字もコピーライティングには必要な事だよ。

特に、奇数を使うのは効果的だから、

積極的に使っていきたい。

できれば、2つ3つ入れてタイトルを作りたい。

 

2.つかみを入れる

例えば、

漫才ってさ、

最初に「つかみ」を入れて、

お客さんの興味を引くんだよね。

そして、

「あれ?」とか、

「ん?」とか、

なんでも良いんだけど、

とにかく自分の方を向かせてしまったら勝ちなんだよ。

 

だから、

記事を書くにも、

文章の冒頭で「つかみ」を入れる事。

 

例えば、

この記事であれば、

※※※
一度書いた文章って、
公開したら、
訪問してくれた人は、
最後まで読んでくれていると思っているでしょう。
※※※

この文章が頭に入っているよね。

これが僕にとっての「つかみ」。

「読んでくれてると思っているでしょう」と書く事で、

読者からは、

「うんうん、そうだよね」とか、

「そうじゃないの?」とか、

「読んでくれてるに決まってるじゃん!」とか、

「え?そんな事考えた事なかったわ」とか、

こんな感想を取る事ができるんだよ。

 

そうなるとしめた物で、

「何を言ってるんだろう?」って思ってもらって、

記事を読んでもらえるんだよ。

 

だから、

文章の冒頭で「つかみ」を入れる事を、

必ずやろうね^^

3.事由・事例・結論を入れる。

この記事の今までの流れを読んで分かってくれたと思うんだけど、

「例」を載せているよね。

この「例」って大切で、

 

何かを説明するのに、

「例」があると、

超分かり易くなるんだよ。

 

そして、

「例」がある事で、

興味持って読んでももらえる様になるから、

是非、「例」を使って文章を書いて欲しい。

 

4.体験から記事を書く

何かを説明したりする時に、

あなたの体験から書いていくと、

超分かり易くなるよ。

 

※例えば、

本当に今日あった事なんだけど、

うちの同僚の19歳のO君は、

A君の事が苦手なのね、

そして、

今日、ちょっとひと悶着あったのよ。

それで、

僕の所にO君が来て、

O君「隆さん、大変でしたよ~」

O君「Aさんに、いろいろ言われちゃいましたよ~」



途中、割愛。



O君「そもそもAさんの事は、仲良くなれないって思ってたんですけどねぇ」

隆「あのさぁ、それがダメなんじゃないの?」

隆「第一印象で、あいつとは仲良くなれない!って思って接するから」
隆「余計に仲良くなれないんじゃね?」
隆「オレなんてA君はさ、怖い顔してるけど、絶対、面白いやつだって思ったから」
隆「そんな印象からは話ししないし」
隆「そのお陰で、結構仲良くしてるんだよ」
隆「しかも、今や飲み友達だぜ!」
隆「そう言う考え方は改めた方がいいよ!」

ってやり取りがあって思ったんだけど、
人ってさ、
第一印象で決めちゃうし、
しかも、
それで「拒絶」までしちゃうよね。

 

インターネットも同じ様な事が言えてね、

検索エンジンでキーワードを入れて検索するでしょ。

その時に検索結果で出てきた内容ってさ、

大体、印象で見るか見ないか決めるよね。

これってさ、

本当は何が書いてあるのか?読んでもいないのに、

第一印象で役に立たないって決めてしまっているって事なんだよ。

本当にもったいないよね。

※例えば終了

 

こんな感じで
体験とかから文章を書くと、
分かり易くなるでしょ!

 

5.結論は最後に持ってくる

本来言いたい事って、

一番最後に持ってくると、

効果的だよね。

途中で結論が分かると、

「そういう事ね!」って言って、

途中離脱されちゃうよ。

 

でもね、

いつもいつも同じ書き方をしていると、

飽きられちゃうから、

いきなり結論から書き始めたりするのも

やり方だよ。

基本路線は踏襲しつつ、

時々、アレンジを加えると効果的だよね。

 

いかがだっただろうか?

これが

「最後まで読ませる文章の書き方 5つのポイント」

僕の文章をいつも読んでくれている人であれば、

「あ~~~!、いつもやってるよね!」ってなるよね(笑)

僕は基本に忠実なもんで^^

でもね、

本当に最後まで読んでもらって、

しっかり納得してリンクを踏んでもらいたいなら、

この書き方は効果的だよ^^

あなたも、

最後まで読んでもらって、

納得の出来る記事を書く様にしよう^^