仕事を見て覚えろとか無理!何も教えてくれない上司にムカついた18の体験談と対処方法

 

どうも、miyanoです。

 

あなたの職場の上司(特に職人気質の人)で、

「仕事は見て覚えろ!」と言って何も教えてくれない人いませんか?

センスのある人ならいいかもしれませんが、いきなり言われてもできないしムカつきますよね。

 

今回は、そんな「仕事は見て覚えろ!」と古い指導する上司にムカついた18の体験談と

その対処方法やコツをまとめてみました!

 

 

 

 

「仕事を見て覚えろ」なんてできないし無理!

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

 

確かに、仕事を始めたての時は、

出来る人の仕事を見て真似ることから始め、

成功パターンを身に付けるのが効果的です。

 

守破離でいうところの

の部分ですね。

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

ネットビジネスで最短で成果を出す学習法(選択と集中/守破離)

2017.03.26

 

が、

 

これは、あくまで教えてもらえる前提の話です。

 

何も教えないくせに

いきなり「見て覚えろ」というのはただの教育放棄ですよね。

 

「見て覚えろ」って言ってくれればまだましで、

私の会社では、何か言ってすらくれませんでした(笑)。

 

そして、世の中同じような経験をしている人はきっといるはず!ということで

今回は、「見て覚えろ」と言う上司にムカついた20の経験談と

その対処方法についてまとめてみました。

 

 

「仕事を見て覚えろ」と言い何も教えてくれない上司にムカついた20の体験談と対処方法

関わらない・聞き流す

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

仕事は見て覚えろと言って何も教えてくれない上司は基本的に仕事が出来ない事が多いです。

仕事が出来ないから部下に教える事が出来ないのもありますし

部下に超えられるのを恐れていて、自分の立場を守るために仕事を見て覚えろと言って教えてくれない事が多いです。

 

このような上司は部下が仕事で失敗した時に喜ぶ事が多いので基本的に関わらない方がいいです。

必要最低限のコミニケーションだけ取って

適度に距離を置きながら一緒に仕事をしたくないという意思表示を見せると効果的です。

 

仕事にイチャモンをつけてくるくせに具体的なアドバイスに欠けた上司でした。

 

仕事は説明されて覚えるもんじゃないとよく言われましたが、

具体的なアドバイスが出てこないのは頭の回転が遅いせいだなと思って聞き流しました。

 

マニュアル無視の仕事ぶりなので、当然誰も寄り付かず、

本人は自分の仕事ぶりが凄すぎて妬まれていると思い込んでいるようでした。

本人に直接そのことを言うと、最近の若いのは使いづらいとボヤいていました。

 

直属の上司ともなるとそうはいかないと思いますが、

周りの誰もが嫌煙するような

明らかにヤバい上司であれば、関わらないほうがいいですね。

 

 

他の上司に相談する

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

営業として顧客の要望が分からず、

上司に相談したところ、何も教えてもらえず放置されました。

 

結果として上手く対応することはできずに顧客を困らせてしまい、とても落ち込んでしまいました。

直属の上司が教えてくれないと分かり、別の課にいる先輩に仕事の相談をするようにしました。

 

様々な業務の勘所を教えてくれるため、

自分の業務に活かすことができ、とても良かったと思っています。

直属の上司には、書類の承認をもらうための関係に留めておくことにしました。

 

私が新入社員の頃、そのような上司がいました。

 

まだ、仕事に慣れていない私が失敗すると「分からないことはすぐに聞け!」と人前で怒鳴られたことがありました。

言っていることと正反対な対応をされ、さらには人前で怒鳴り散らすという行為にとても腹が立ちました。

 

私は仲の良い先輩にそのことについて相談したのですが、

先輩は私の味方だと慰めてくれ、そのおかげで気持ちがスッキリしました。

自分で対処できないなら人に相談して解決のためのヒントを得ることの重要性も学びました。

 

大学を卒業して初めて務めた職場の上司がまさに「仕事は見て覚えろ」タイプで、非常に困りました。

「見て覚えろ」と、言われても、こちらはなにも分からないまっさらな状態で、

それが何のために必要な作業なのか、具体的に何をしているのか、

何を覚えれば良いのかもまったく分からず、ただただ困惑するばかりでした。

 

結局、その上司に聞こうとするのはあきらめて、

ほかの先輩方に少しずつ質問して教えてもらって覚えていきました。

 

私は製造業の仕事をしています。

機械を稼働されるオペレーターをやる業務についたんですが、

その時の上司が派遣でも出来る仕事だから見て覚えろよと言ってきたんです。

 

私が特にムカついたのは、派遣でもと言う差別的な発言をしたのに腹が立ちました。

 

私は直ぐに上司の上司である方に経緯のお話しをしまして、直ぐに対応してくれました。

その上司は昔から何かと問題があったらしく、

今回の私の一件で遂に決心をしてくれたらしく、他の工場に左遷され飛ばされました。

凄くスッキリしました。

 

自分は理美容師なのですが、

まさにその通り仕事は見て盗めと言われるだけで、何にも教えてくれません。

 

練習にも付き合ってくれずにすぐ帰るし、アドバイスも特にしてくれず、自分がお客さんに入って失敗すると怒られる。

で、次は気をつけろよ。と言われるだけで

どう気をつけたらいいかの練習方法ややり方も教えてくれませんでした。

 

幸い両親が同じ仕事をしていたので両親に聞いて技術を取得しましたが、

毎日ムカつく日々でした。友達に愚痴を吐き、親に丁寧に教えてもらい、なんとかなりました。

 

上司に質問しても怒られるだけでなので、

どうしてもわからない箇所があれば他の先輩や同僚に質問をしました。

 

また、どうしても上司に質問をしなければわからない箇所は、

間違えてしまったら大変なことになるので怒られても仕方ないと勇気を出して思い質問をしました。

その質問も答えてくれなかったので、

仕事の業務に影響が出てしまうのでといって腰を低くして丁寧に説明をしました。

そしたら渋々嫌な顔をされて教えてくださいました。

 

今回アンケートを取った中で

一番多かった体験談がこの「他の上司や同僚に相談する」でした。

 

同じ会社であれば、

仕事を教えてもらえない経験をしてきた人も多いと思いますので、

その辛さをわかってもらえて、相談に乗ってくれることでしょう。

 

怒りをばねにする

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

売り上げが伸びず悩んでいた時に案の定、上司から叱責されました。

それならばとどうしたらいいか教えて欲しいとお願いしたところ、

「仕事は見て覚えろ」だけでなく「バカ野郎」も付いてきました。

しかも他の社員もいる中での叱責・罵倒の嵐に本当に心が折れました。

 

しかし同時に体の奥底からむくむくと怒りを通り越した闘志も湧いてきました。

その日から上司はもちろん、他の社員の売り方をしっかり盗み見し、

また帰宅後は家で商品の勉強をものすごくしました。

 

お客さんに接する時も夜な夜な勉強した豆知識を少しだけ披露したり、

売り上げの良い社員の言い方を真似したりしました。

結果的に怒りをバネにできたから良かったですが、今でもその上司は大嫌いです。

 

転職で初めての設備業界に足を踏み入れた頃、

「あれやれ、これやれ」だけで何も教えてくれなかった上司に当たり難儀しました。

 

右も左も判らないまま現場に赴き下請けの職人さんを手伝いながら、1から彼等に教わりました。

職人風の考え方で現場を見ていると「経験でものを見るな!理屈で現場を管理しろ!」と駄目だしが入るのですが、

これまた「自分で考えろ!」でなんの理屈も教えてくれません。

自分で技術書や法令集を片手に独学しました。

 

「絶対見返してやる!」と心に決めて一切質問もアドバイスも求めるのをやめて

文句だけは聴いて3年目で(追い抜いた!)と感じたので退職しました。私が抜けて死ぬほど大変だったと思いますよ。

 

個人的には一番おすすめの方法だと思います。

こういった怒りからくるモチベーションってかなり強力です。

 

そのやる気を仕事に向ければ

かなりのスピードで成長することができるでしょうし、

 

自立して稼ぐ方向に向けたことで、

上司の5倍以上の年収を稼げるようになった人も知ってます(笑)

 

私が会社に依存しないで稼いでいこうと思ったきっかけも割とこのパターンです。

最高に楽しい日々を送るまでのお話

 

わざと積極的に接する

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

精神的な対処としてまずは、社会に出たら理不尽な事が多いのだと自分に言い聞かせました。

実際に上司からも意味のない怒られかたを何回も経験してストレスが溜まりすぎました。

 

対処方法として友達と飲みに行って上司の悪口を言ってすっきりしました。

また仕事面ではわざと上司に張りついて

メモとペンを片手に「仕事見て覚えたいんでメモを取らせてください」と言いました。

更に怒られると思いましたが何も言われなかったです。少し効果があったようです。

 

私がパチンコ店で、

正社員として入社した際に上司や先輩など全ての人が何も教えてくれませんでした。

 

入社して仕事が始まったその日から、とにかく仕事の量が多くしかも早くこなしていかなければならず、

それでいて何も教えてくれません。

しかも、私はパチンコをしたことがなく右も左もわからないのに、

何も教えずただ睨みつけたり文句を言うだけなので本当にムカつきました。

 

心理的な面での対処は、お給料は結構良いのだからと言い聞かせました。

業務的な面では、とにかく精一杯頑張って、

そして大袈裟にバタバタしたりやたら大きな声で返事をしたりして、威圧感を出すようにしました。

すると、少しずつ私にビビリ始めたようで、

笑いかけてきたり、たまに仕事を教えてくれるようになりました。

 

仕事は見て覚えろと言ったわりに

何も聞かなかったり質問しなかったら「何も聞くことはないのか!」と言われたり怒られます。

じゃあどうすればいいの?と思わず反抗して言いたくなりますが

ぐっと言いたいことを堪えて仕事をしました。

 

友人にも会うと仕事の愚痴ばかりでした。

そして友人のアドバイスしてもらったことを実践してみました。

 

とりあえずイライラせずに笑顔を絶やさない方法を取ったのです。

何か言われても「ありがとうがざいます」とニコッと笑うくらいの心の余裕を見せろと言われました。

そうすると上司からもあまり怒られなくなりました。

 

 

聞く態度を変えてみる

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

上司から仕事の話で色々言われて他の上司に相談してみました。

そうすると「聞く態度が悪い」と言われました。

 

上司からのアドバイスや仕事も聞く気がない態度を取ってしまうと

あいてに伝わってしまうから「仕事は見て覚えろ」と言われるんだと言われました。

 

しっかり傾聴する態度で目を見て見聞きすれば必ずその上司からも信頼されると言われて実践しました。

最初はなかなか振り向いてはくれませんでしたが、今ではよくアドバイスをしてくれます。

 

体育会系の職人気質の人って、

妙に礼儀を重んじるところがありますよね。

 

最初のあいさつで元気がなかっただけで

「何なんだあいつは!?」と陰で言われていたり(笑)

 

そういう人には、しっかりした態度で

辛抱強く聞いていれば教えてくれるかもしれません。

 

自主的にアピールする

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

現場の仕事で特に上下関係の厳しい世界なので

親方や上司はなかなか仕事を簡単には教えてくれません。

本当に仕事は背中を見て覚えろという感じでした。

そこでひたすらがむしゃらに働きました。

 

失敗しても怒られてもいいからアピールをしようと思ったのです。

もちろん現場の仕事なので危険なことは絶対にだめですが、小さいことからこつこつ仕事をしていきました。

そうするとある日から上司からも話しかけてくれるようになりました。

自主性が出てきたなと言われました。

 

「お、あいつ一生懸命やってるな」

って思われれば、上司の方から歩み寄ってくれるかもしれません。

 

ただ、個人的にはこのやり方は

無駄なことして上司のご機嫌取りしてるみたいで嫌いですが(笑)

 

 

仕返しする

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

最初はメモを取ったり集中して観察したりしていましたが、

やはり聞かないと分からない事が沢山あるのに教えてくれなかったので、

わざと上司が間違ったり失敗したりしたことを同じようにしました。

 

上司には怒られましたが、「見て覚えろと言われたので、そのまま真似をしました。」と言いました。

上司は凄い顔をしていましたが、回りの人は笑っていました。

それ以来、私はその上司には頼らずに他の人や違う支店の人に聞いたりしています。

 

技術職なので具体的に説明してくれないとわからない工程などがあったんですが、

仕事は見て覚えるものだと言われて何も教えてもらえませんでした。

 

説明してくれればすぐに覚える事ができたのに

結局自分で試行錯誤して覚えたので凄く時間がかかりました。

 

凄く古臭い考えだと思ったので自分で仕事ができるようになってから

上司に「説明すればすぐに理解できる事を何故教えてくれなかったのか」と文句を言ったんです。

私が既に上司よりも仕事がうまくなっていたので強気に文句を言う事ができました。

 

こういう上司に限って、実力主義なところがあるので、

上司よりも出来るようになって見下す

というのはスッキリできる方法かもしれませんね。

 

 

考え方を変える

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

システムエンジニアとして配属されたとき、上司や先輩からは「みて覚えろ」とか「自分で調べろ」とよく言われたものです。

正直憤慨したこともありましたが、ちょっと自分自身の考え方を変えることで、自分の大きな勘違いに気が付きました。

 

もちろん、中には面倒臭くてそう言ってる先輩や上司もいるかもしれませんが、

そもそも仕事というものは手取り足取り教えられるものじゃないのです。

 

もし、手取り足取り教えられるものがあれば、

マニュアル化して外注化したりアルバイトを雇った方がコストを抑えられますし、実際、そうしてます。

手取り足取り教えることが不可能なことが、自分に求められている仕事だと考えて、

まわりを改めて観察すると、折々に触れて仕事のコツやヒントを諭してくれていることに気が付いて、

仕事に前向きに取り組むことができるようになりました。

 

自分の中で考え方が変わって、

それで前向きになれるのであればいいかもしれませんが、

 

この考え方自体は私は全く共感できませんね。

確かに、仕事のやり方自体はマニュアル化できないものもありますが、

仕事に関する予備知識や仕事の大まかな進め方や流れなんかは

文章にまとめて教育資料にできるはずです。

そんな資料が少しあるだけで、最初の成長スピードは全然変わるんですけどね。

 

 

こんな理不尽な上司と関わらないようにするには・・・

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

18の体験談を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ここで紹介した方々はうまく対応されていますよねー(^^)/

 

ただ、昔の私もそうだったんですが、

「こんな理不尽な上司がいる会社なんて辞めてやりたい!」と思っていても、

 

働かないと生活が成り立たないし、

転職したとしても今よりいい条件の会社が見つかるかどうかも分からないし、

毎日遅くに帰ってきて、たまにある休みの日にそんな活動する体力なんてなくて、

結局文句を心の中でとどめて毎朝死んだ目で駅に向かっている人も多いと思います。

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

 

でもそんな上司に歯向かったり、やり過ごしたりするのって

ぶっちゃけかなり勇気や自信がいりますよね(;´・ω・)?

 

でも私はある日、

「会社に依存せずに自分で稼ぐ力を身に付ければ、最悪クビになっても大丈夫だし、

毎日主体的でワクワクする人生が送れるんじゃね?」

と思い立って、副業を始めました。

 

 

仕事以外の時間はひたすらブログを更新。

もちろん飲み会も断り、時には睡眠時間を削っても作業を継続しました。

見て覚えろ, 無理, 対処方法, 何も教えてくれない, 仕事, 上司, ムカつく

 

正直、最初の報酬はたった15円で、「バイトより全然時給低いじゃん!」と嘆きましたが、

自分がやった分だけ報酬が増えていくのが楽しくて、

自分で考えて試したことが実を結んで結果が出た瞬間、興奮が止まりませんでした(笑)。

 

 

そして、残業100時間を突破した翌月、

ブログの継続収入や即金ノウハウで月収10万円を稼ぐことができました。

 

そして今では「最悪クビになっても大丈夫」な状態で、

何を言われても無視してますし、残業もしないで定時ぴったりで帰宅してます(笑)

 

 

 

 

さて、今回紹介したような何も教えてくれない上司たちは、

「俺が味わった苦しみを味わえ!」という

謎の深層心理があります。

ムカつくのを通り越して意味不明です(笑)

 

せっかく先人がいろんな仕事に挑戦して貴重な失敗をして学んだことがあるのに、

それを伝えないなんて本当に意味不明です。

 

伝えない限り、後輩も同じ失敗を繰り返すだけで

会社全体のレベルとしては全く進歩しないんですけどね。

 

 

そんな上司からの扱いを受ける気持ちがわかるからこそ、

 

私が取り組んできたネットビジネスに関しては、

これからビジネスを始めてみたい・興味があるという人に、

私のしてきた経験や失敗も全て伝えていきたいと思っています。

 

そしてそんな想いから今回、

時間に追われるネットビジネス初心者の道しるべとなる教科書を制作しました。

 

これは、私が3ヵ月以上かけて作った、

会社に依存せずに稼ぐ方法を動画講義として分かりやすくまとめた初心者用教科書です。

 

 

もし興味がありましたら、現在プレゼントキャンペーン中ですので、

 

よかったら手に取ってみてくださいね。↓

 

人と話すのが苦手でもコンテンツ力を磨くと上手く行く

「人と話すのが苦手でもコンテンツ力を磨くと上手く行く」とは?

ネットの世界で、
人を集めるのは、
コンテンツ力だよ。

以前、僕は広告代理店の営業をやっていたのね。

 

仕事をしていて、

時々、
「へぇ、コイツすげぇなぁ!」とか、
「コイツ超しゃべれるじゃん!」とかって、
感じる事があった。

 

僕はそもそも営業って事もあって、

サービス精神からか、
ついついお客さんでも、
お客さん以外でも、
話ししていて、
「楽しませなきゃ!」とか、
「笑わせなくちゃ!」って思っちゃうんだよね。

 

だから、

時々、
「やっちまった~! これじゃマシンガントークじゃん!」とか、
「やべ!オレばっかしゃべってる!」とかって、
超反省する事がある(笑)。

 

コミュニケーションってさ、

「人と人の、会話のキャッチボールで成り立つんだよ!」って、
良く言うよね。

 

サービス精神でがんばって話すんだけど、
それが完全に裏目に出てしまう時もちらほら。

 

でも、

これはこれで、
自分のコミュニケーション能力を磨いてきたから、

「まっ、いいか!」
「次に話す時は、もっとユックリ話して、
しっかりコミュニケーションを取る様にしよ!」って、
なるんだよね。

 

でもね、

いくらコミュニケーション能力を磨いていても、
「こりゃダメだわ!」って場面ってイッパイあるのね。

 

いくら営業だからって言っても、
勉強していないと、お客さんに提案できないから、
普段から勉強はしているんだけど、
それでも歯が立たない時もある。

 

それはね、
お客さんが僕と同等、もしくは僕以上に勉強している時。

 

こんな時は、
話しは盛り上げる事はできるんだけど、
なかなかお客さんを納得させる事が出来ないケースがあるのよ。

 

こう言う時は、
本当に困りもんで、
手も足も出ない。

そんな時に時々やっていた事があって、
それをシェアするね。

 

そんな歯が立たない時は、

わざと、広告のデザイン案を2つ3つ作って、
いきなり提案する事。
そして、
わざと、社内のデザイナーを同席させる。
これをやると、どうなるか?と言うとね。

 

突拍子も無い提案をお客さんが、
いきなり受ける事になるから、
お客さんがビックリするんだけど、
こっちの話しを聞かざるをえなくなるんだよね。

 

まぁ、普段しっかり話ししているからこそ
出来る芸当でもあるんだけど、

 

突破口が無い時には、

こうやってお客さんをビックリさせて、
完全に黙らせちゃうのね。

 

そして、
同席させたデザイナーに、
提案した広告デザインを丁寧に説明してもらう。
すると、

 

お客さんは、
「これいいねぇ!」
「おもしろそうじゃん!」
「ちょっと見当してみるわぁ!」ってなるのね。

 

広告の話しだから、
全く関係の無い話しではないので、
お客さんも聞き入っちゃうんだけど、

 

さすがに、
デザインから攻めていくと、
お客さんが、
僕との会話じゃなくても、
すこぶる納得してくれるんだよ。

 

で、
デザイナー君も、
相手が納得しているのを見て、
たぶん嬉しいんだろうね。
どんどん話ししてくれる。

 

そして、
後でお客さんから、
「また、デザイナーさん連れてきてね(笑)」って言われて、
僕は「チェッ!(笑)」ってなるんだよね(笑)

 

あ、
もちろんその後は、
僕もフォローするけど、
そのお客さんの担当は、
そのデザイナーにしちゃうんだよね(笑)

 

まぁ、
この話しは、
お客さんにも僕にも手の届かない所に、
デザイナーって言う手を入れる事で、
突破口を見出した話しなんだけど、

人と話すのが苦手な人ってイッパイいてね、

例えば、
「人の目を見て話しできない」とか、
「話しを盛り上げられないから」とか、
「笑い話しが出来ないから」とか、
って理由から、
人との話しをしない様にしない様にしているんだよ。

 

そして、
どんどん内にこもってしまう。

 

挙句「暗い」とまで評価されちゃうんだよ。

 

でもさ、
それって、勿体ないんだよね。

 

だって、
人よりも輝く物があるのに、
それを武器にしようとしていない人が沢山いるから。

 

自分の武器を常に常に磨いて、
いつでも、
使える様にしておくと、
人を怖がる必要なんてないんだよ。

 

つまり、
ブログアフィリエイトを進めるのって、
この話しと似てるなぁって思ったのね。

 

つまり、
ブログアフィリエイトってさ、
コンテンツ力なんだよ。

 

コンテンツ力ってね、

 

一言で言うと、
「人の問題を解決する力」の事。

 

検索エンジンで、
自分の分からない事を検索して、
出てきた記事を見て、
分からない事を解決するでしょ。

 

この「人の問題を解決する物」がコンテンツなんだよ。

 

だから、
こと、このインターネットの世界ってさ、
コミュニケーションが上手いのも大切なんだけど、

 

このコンテンツ力がなければ、
上手くいかないって事なんだよ。

 

コンテンツ力があれば、
人の問題も解決する事ができるし、
人に何かを提案も出来るよね。

 

だってさ、
問題解決には、
専門的な事に秀でていれば、

秀でた事については、
問題を解決もできるし、
新しい事も発信していけるでしょ。

 

だから、
「コミュニケーション能力が無いから、
あんまし人と話ししたくない!」って、
言う人もいるんだけど、

 

コミュニケーション能力がいまいちでも、

コンテンツ力があると、
人と楽しくコミュニケーションを取る事は可能だし、
強いては、
お客さんの問題も解決できるし、
更に言うと、
「頼りになる存在になれる」って事なんだよ。

 

そして、
「頼れる存在」になると、
人は集まってくるよね。

 

だから、
インターネットの世界で、
成功しようと考えているのであれば、
コミュニケーション能力を磨く事も大切なんだけど、
「頼れる存在」になるために、
コンテンツ力を磨く事が本当に大切なんだよ。

 

まとめ

自分が人より秀でた事や、情熱を持っている事を、
勉強して、研究して、更に追求して、実践する事。
そして、
実践した事をインターネット上で公開していく。
これが大事で、
実践した事を発信すると、
同じ事に興味のある人が、
徐々に集まってきて、
収益につながっていくんだよ。